残念だが現状では非常に珍しい事例を抜かして商品券のお店で買い物をしてもクレジットカードを活用する事が出来る売店など存在しません。このような理由で、JCB、MasterCard、Diners clubなどのギフトカードを使用した間接クレジットカード使用のモデルはたまにしか全く実行することは不可能なのです。ではどういう手段を利用すれば直接でないクレジットカード使用ができるのでしょうか?といえばそのテクニックとは現在ひろく普及している電子マネーといったPASMO、Webmoney、Smart Plus、またはWAON、nanacoなど。電子マネー使って間接的クレジットをやることもできるようになります。Edy、Webmoney、QUICPay、だったりSuica、VISA Touch、nanacoなどはクレジットで注文することが可能な券◆Edy(エディ)、Webmoney、QUICPay、であったりSuica、WAON、nanacoなどに馴染みのない人にはハードな第一印象を想像する可能性があるかもしれないですが、これらの電子マネーは言葉にするなら変わったことのない商品券です。JCB、Diners clubなどのギフト券となんら差異はないのです。さらにこういった電子マネーという物はクレジットを活用してたやすく購入が可能な所が利点だったりするのです。重ねてこういう電子マネーは目下スーパーを始まりとして、駅ナカや各種ショップ等々であっても用いることができるようになっているようだ。「当店舗の物品を買うにはクレジットはご運用にならないでください」といった感じで表記している販売店での購入でもPASMO、QUICPay、またはnanacoなどであるなら活用できる例が多いのです(クレジットカードポイントがたくさん貯められる)。つまりクレジットカードが利用できない販売店でも直接的でなくクレジットを活用するやり方で、クレジットポイントをもらえる分を得てほしいというやり方です。いつも通り買い出しをエンジョイする限りではゲットできないポイントであるから是が非でも、実行しちゃってほしいのです。