換金目的をもって新幹線等の切符などを多量に購入する→カードショッピング枠の現金化というもの利用せずに、利用者自身が換金目的のクレジットカード利用をすることでも同様。キャッシュ化するのを意図しているクレカの使用というのは、クレジットの契約内容違反と見做されるからです。大量の新幹線等の切符や切手購入等においてのカード利用をすると、最悪の場合現金化する目的なのではないか??などというように睨まれてしまう場合も考えられるため細心の注意が必須なのです。さらに、使用時点でキャシング利用可能額が限度になってしまっているケースには、電車等の回数券などを決済することにトライする瞬間にクレジットの会社から電話が入ってしまうことがあるため、資金不足時の決済については不可能にされているようです。金銭的に困っている時に企てる方法は多くの場合同じようなものなのだろう。クレジットカード会社の立場からみて不都合な使い方をしてしまうこと》流行した『永久機関』など、発行会社にとって一つもメリットになり得ない不当な使用方法を行った場合、カードの会社の方から失効という処理がされてしまう話などもあるのです。ネットで出回っていたクレカポイントの不正な搾取など世の中に流通していないやり方が存在しても、このような手法というものは絶対にクレジットの規定違反なのだから使用しないようにしないほうがよいでしょう。強制退会となった個人情報については出回る》カードを失効させられた場合でも違うクレカというのは利用可能から1枚くらい問題ないのではないか?などと考えた方は、昨今の情報社会においてはその思考は信用を消失する心配があるのです。なぜなら、そもそも没収となってしまうような事態となると、カードの会社によって入手出来てしまう信用情報機関というものにそれらの情報が上書きされることによって強制退会された人の信用情報が大幅に下る事例もあるためです。保有する1枚ですらクレカを失効させられてしまえば、以後クレジットも契約できなくなる場合もありますし、最悪の場合他に使っているカードまで失効となってしまう場合もあるだろう。そのまま利用出来るようでも更新時に更新不可となると思われる。とにかく何回も述べたように、強制失効という処理がされてしまう利用は絶対しないよう、ご利用頂きたいと考えています。