車の保険には自賠責保険ないしは任意保険の二個の種類が存在します。任意保険、自賠責保険ともに、不測の事態など遭ったときの補償に関するものですが、契約の中身はやや異なっています。二つの保険を見比べると補償が約束される条件が多少一様とはいえません。※相手に関しては自賠責保険・任意保険によって補償されるよう取り決められています。※自分については【任意保険】で補償します。※自己の財産へは、『任意保険』のみによって補償されます。自賠責保険だけでは自分への怪我あるいは車を対象としたサポートは享受できません。次に相手方に向けての補償ですが自賠責保険では亡くなった場合は最大で三〇〇〇万円・障害を負わせてしまった場合上限四〇〇〇万円などといったように決まっています。しかし実際の賠償額が先に挙げた数字を超えることは結構な頻度で起こり得ます。また加えて相手方の自動車・不動産を毀損してしまった場合に関しては、事故を起こした人によるまったくの自己補償になるのです。だからこそ任意保険が大切だと考えられます。被害を受けた者に対する支援を重要視する任意保険にはしかし、それ以外の役割が存在します。※事故の相手に対しては死亡時または怪我、愛車あるいは建築物などといったものの対象を補償するのです。※自らへは、搭乗者も込みで死亡時あるいは負傷を補償するのです。※自己の私有する財産においては、自動車を補償します。こういった様々な面に関して賠償が抜かりないのが任意保険におけるストロングポイントです。月額の掛金の払い込みはもちろん必須となることは仕方ないですが、相手方のためにも自分を守るためにも愛車に乗るなら任意保険に契約を結んでおいた方がよいでしょう。